沖縄県森林土木協議会研修会のお知らせ

お知らせ

沖縄県森林土木協議会研修会を下記のとおり開催しますので、お知らせします。

1.日時・場所:令和4年10月24日(月)

        於:浦添市社会福祉協議会大会議室(南風原町)

        令和4年10月25日(火)

        於:名護市大北公民館

2.講師:松野哲哉氏

     (株)コンピューターシステム研究所

3.テーマ:土木技術者の原点と今後の対応Ⅷ

~建設業の今後と対応、地盤災害の本来の原因とは~

  • 2019年6月に新・担い手三法の改正へと移行され「発注者責任を果たすための今後の建設生産・管理システムのあり方に関する懇談会」にて施策が取り纏められています。その中でも「総合評価落札方式はどのように変化させていくのか」「建設業でのDX(デジタルトランスフォーメーション)はどのようになっていくのか」について最新の動向について解説致します。
  • 昨年伊豆での土石流が発生しましたが、ニュース等で報道する内容は事実なのでしょうか、真実は見る側面から色々形に変化します。技術者といて基本的な事項を理解していれば、違和感を覚えるはずです。その為には技術者として基礎的な知識と柔軟な考え方が必要です。山崩れ等についての基本的な知識を説明すると共に、常識と思っている内容について側面を変えると違っていないかについて事例を基に解説を行います。

時間配分(両日とも)

13:00~14:20 ・山地崩壊のタイプと法面管理の基礎知識及び法面点検のポイント

14:25~15:40 ・土石流の特徴と広島土砂災害の真の原因

15:45~16:40 ・液状化発生のメカニズムの誤解と地震発生の考え方

16:45~17:15 質疑応答