現場で働く方々現場で打ち合わせ作業中

■ 沖縄県森林協会へようこそ ■

社団法人 沖縄県林業協会は、公益法人制度に基づき、平成25年4月1日から「 一般社団法人 」へ移行しました。これに伴い、名称も「 一般社団法人 沖縄県森林協会 」と改称し、新法人としてスタートしました。

■ トピック ■

  • 【 平成29年4月 】
    林野庁治山課長、日本治山林道協会専務理事はじめ、九州各県から行政担当者、治山林道協議会役職員多数の出席のもと、第46回九州治山林道協議会通常総会が沖縄県で開催され、治山林道事業を取り巻く様々な課題について協議が行われました。協議の結果は幹事県で取りまとめられ、平成29年6月20に林野庁に対して要望書として提出される予定です。

    【 平成29年1月11日 】
    森林土木協議会会員による社会貢献活動の一環として、県民の森利用者の安全・安心確保に寄与するため、遊歩道の清掃活動を行いました。

    【 平成28年8月11日 】
    国民の休日「山の日」の制定を記念して、「森に親しみ、森の恵みを体験しよう!」をテーマに沖縄県県民の森において、森林・林業・緑化関係団体と連携して「山の日まつりinおきなわ」を開催し、会員各位の参加により、「山の日」の機運醸成を図りました。

    【 平成28年6月 】
    川平賀継沖縄県森林土木協議会会長と翁長雄志沖縄県知事との間で、災害協定が締結されました。また、協議会に4支部を設け、各支部と県の出先機関との間で細目協定が締結され、林道や治山施設等の災害時における緊急対策が可能となりました。

    【 平成28年4月24日 】
    当協会に事務局を置く沖縄県森林土木協議会の川平賀継協議会会長が、森林土木技術の向上と長年にわたる社会貢献活動が認められ、全国森林土木建設業協会定時総会において、林野庁長官賞が授与されました。