■ リュウキュウマユミ ■

■ 科 名 ■
ニシキギ科
■ 学 名 ■
Euonymus luthuensis T.Ito
■ 方 言 名 ■
ギーファーギ、ジーファーギ
■ 分 布 ■
日本、台湾、沖縄本島・久米島、石垣島、西表島、与那国島の山地に点在。
■ 形 態 ■
低木。小枝は細く、4稜があって緑色。葉は長さ4~5cm、薄い革質、長楕円形で先が細い。花は緑黄色で初夏に咲き、実は籾粒大、冬に橙赤色に熟する。
■ 材質・用途 ■
辺材、心材ともに黄白色。材は強靱で割裂しない。昔は平民、百姓の簪(ジーファー)に利用された。
■ 備 考 ■
■ 出 展 ■
琉球列島有用植物誌

◆ 戻 る ◆