■ ノボタン ■

■ 科 名 ■
ノボタン科
■ 学 名 ■
Melastoma candidum D.Don
■ 方 言 名 ■
テーニー、ハンカー、マキバルカンクー
■ 分 布 ■
台湾、南中国、インドシナ、フィリッピン。奄美、徳之島、沖永良部、沖縄諸島、宮古、八重山諸島の陽当たりのよい山野に自生する。
■ 形 態 ■
常緑低木。幼条、葉面、葉柄などに淡褐色の剛毛がある。葉は対生、長楕円形で長さ8~10mm、花は帯紫紅色でまれに白色、7~11月に咲く。実は壺条鐘形。
■ 材質・用途 ■
木は観賞用に適する。実は食用となる。
■ 備 考 ■
白花株はシロバナノボタンと呼ばれる。観賞用としてシコンノボタン、オオバヤドリノボタンが導入されている。
■ 出 展 ■
琉球列島有用植物誌

◆ 戻 る ◆