■ 森林・山村多目的機能発揮交付金事業 ■

【 事業の概要 】
近年、森林・林業を支える山村において、過疎化等の進行に伴い、地域住民と森林との関わりが希薄化し、森林の手入れが行われなくなったことで、里山の荒廃が進行しているため、森林の有する多面的機能の発揮が難しくなっています。
森林の多面的機能を持続的に発揮させていくためには、山村を中心とする地域の住民が協力して里山林等の保全管理や森林資源の利活用を実施していく体制を整えることが不可欠です
このため、林野庁では地域住民が中心となった民間協働組合(活動組織)が実施する、地域の森林の安全管理や森林環境教育等の取組みに対し、一定の費用を支援しています。
沖縄県では、おきなわ森林・山村多面的機能発揮地域協議会(沖縄県森林協会に設置)が窓口となっています。
■ 対象組織
森林所有者、地域住民、自治会等の地域の実績に応じた3名以上の者で構成する活動組織
■ 対象森林
活動を行う時点において、森林経営計画及び森林施業計画を策定していない森林であって森林所有者と利用協定を締結している森林。ただし、森林空間利用タイプについてはこの限りでない。
■ 交付対象活動
○ 地域環境保全タイプ
集落周辺の里山林を維持する為の景観保全・整備活動、集落周辺での鳥獣被害の防止活動、風倒木や枯損木の除去、集積、処理
○ 森林資源利用タイプ
里山林の広葉樹等未利用資源を収集し、木質バイオマス、炭焼き、しいたけ原木等として利用する活動や伝統工芸品の原料として活用
○ 教育・研修タイプ
地域の森林における森林環境教育活動の実践等
○ 機材及び資材の整備
上記ア及びイの実施のために必要な機材、資材及び施設の整備
○ 活動推進費
《 申請窓口 》
当事業の支援を受けるには、各県に設置される地域協議会に申し込む必要があります。
沖縄県の地域協議会は沖縄県森林協会です。
《 採択申請書の受付期限 》
平成27年度採択申請書提出期限は平成27年5月15日までです。
採択申請書等の記入方法などは、下記の資料をごらんください。

■ 事業概要資料

■ 関係規程

林野庁ホームページ「 森林・山村多面的機能発揮対策交付金 」紹介ページ